イベントについて

ナツゲキに咲く花

山作戰です

これまで2018年から毎年 春に2回夏に1回の計3回「ヤマサク◯のセンまつり」を開催してきました

「ヤマサク◯のセンまつり」は「ヤマサクセンのまつり」という意味と「セン人規模でコンサートを成功させれば話題にしてもらえてさらなる音楽好きなひとたちに知ってもらえるんじゃないの?」という目論見の意味を含めてつけたものです

 

そんな思いを込めてグランシップで2回 静岡市民文化会館で1回のセンまつりを開催

去年の静文では はからずも緊急事態宣言解除後最初のイベントとなりました

コンサートが終わって帰りの挨拶をしに行くと片付けをしているスタッフさんが「この機材ってこんなに重かったっけねえ」としみじみうれしそうに言っている場面に遭遇しました どうやら5ヶ月くらいイベントをできなかったあと初のコンサートがセンまつりだったのだそう 奪われた日常が束の間戻ってきた日でもあったんです

その日のコンサートはといえば 客席を半分にし さらにステージから5m離すという決まりを守ったためクラウドファンディングで設置した花道が仇になり花道からも5m距離をとったら会場の左半分がほぼ無人 収支としてはズタズタでしたが みんなで最善を尽くして対策をしてお楽しみを繋げられたような気持ちになったものです

 

そしてこの夏こそはとセンまつりを計画しはじめた矢先ご依頼をいただき熟考の結果 ナツゲキというイベントの中で「ヤマサク夏の駿まつり」として行うことにいたしました

駿府城公園が春に静岡まつりのステージにバンドで出演した際 惚れ込んだ場所だったこと 各種対策がしやすく実績もある場所であること そして俺がこの静岡市蒲原へ住んで今年でちょうど10年の節目の年に行われるこのイベントのテーマの中に 静岡に帰ってきたりIターンしたりして住みたくなるようにしたい という願いがあったこともはずみになりました

 

誰か一人の考えや対立する一方の考えだけが正しいとは言い切れないこのご時世 沢山の思いや価値観 いくつもの正義が立ち並ぶ時代が来てしまいました 立ち並ぶだけなら多様さが強さになるのかも知れませんがそれが対立しあってしまう

本当の苛立ちの正体が俺たちが責めたりやっつけたりできないものであること それがはがゆくて さらなる衝突や対立を生んでしまうという負の連鎖が続くいま 俺たち山作戰はこのステージでいくつもある答えのひとつとして 心を込めて演奏をし うたいたい

それがすべてのひとに当てはまる正解ではないかも知れません しかしこの音がこの先の日常を生きるあなたに寄り添うと俺は信じています

もしご都合があえばぜひ一緒に楽しみましょう 尽きぬ思いを もう少しだけ信じて

                                                           

山作戰 髙山真徳

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

山作戰とは

210714山作戰-19.jpg

【山作戰】

1972年熊本県天草郡栖本町生まれ、静岡県静岡市在住。

1991年に東京都品川区に上京し、都内を中心に21年間活動後、2011年、静岡市清水区蒲原に拠点を移し活動中。

 

『山作戰(やまさくせん)』とは髙山真徳による活動名。

 

弾き語りやバンドでのライブを行う。

「山は登り方が違っても頂上を目指せば必ず会える。」という意味を込めた『山作戰』という活動で一緒にてっぺんを目指そうと精力的な活動を行なっている。

心情と情景を文学のように深く伝える歌詞と、ループマシンによる多重コーラス、ノイズ、時に変拍子で予想を裏切るメロディアスでありメランコリックな曲の世界は、ブリティッシュ・ロックからインスパイアされたと本人も認めている。


都内在住時代には、有名TVCMソングも歌唱。また、早くから、Ustreamなどを使ったストリーミングライブを行い、全国にファンを増やしていった。

静岡市に拠点を移してからは、情報番組のレギュラーなどのTV出演、ラジオ出演と共に、静岡県内、都内はもちろん、北海道から九州まで年間100本以上にのぼるライブとオリジナルの楽曲制作を精力的に行う。

故郷を襲った熊本地震、北海道胆振東部地震の際には募金とチャリティーグッズの売り上げを寄付した。
2018年、2019年とグランシップ(静岡県静岡市駿河区)にて、1000人規模のライブを成功。
2020年は静岡市民文化会館(静岡県静岡市葵区)にて開催。

2190年4月からSBSラジオ『山作戰のだら!だら?大作戦』というラジオ番組スタート!
現在地方から日本全国へ発信するIターン型のアーティストとして注目されている。


【リリース作品】
ALBUM
・2009年1月11日 「山作戰」
・2012年5月28日 「山作業」
・2013年8月3日  「遺作」
・2014年7月26日 「山作為」
・2016年8月2日  「山作用」
MINI ALBUM
・2015年4月4日  「山作柄」
・2017年6月15日 「山作柄 荷」
SINGLE
・2016年3月13日 「明けない夜」
・2017年5月1日  「折れない心」
※アンプティサッカーチーム 静岡ガネーシャAFC 応援歌
・2019年8月1日「絶望の砂に咲く花」

 

Download sound
・2020年5月12日 「うたいくさ」

【参加作品】
・TVCMソングの歌唱
花王『アタック』、日本マクドナルド『マックグルメ』、大塚製薬『オロナミンC』、
ふじっこ『フジッコおまめさん』、NTTdocomo関西『エクシーレ』ケロッグ『コーンフロスト」など多数
・井上大輔氏による機動戦士ガンダム20周年記念アルバムREVERBERATION in GUNDAM [限定盤](テイチクエンタテインメント)にて全曲コーラスを担当